脱ペーパードライバーの歩み 〜 カーナビデータ更新編(AVIC-VH009MD)

車を買ってから5ヶ月経過しました。完全なるサンデードライバーですが、少しずつペーパードライバーを脱しつつあると思います。かなりブログの更新を空けてしまいましたが、カーナビデータ更新でちょっと苦労したので、時期を遡って書こうと思います。

 

7/20(土)の納車初日に車をぶつけてしまって(事故発生 完結編)、かなり落ち込みましたが、今はだいぶ持ち直しました。8/14から北海道でドライブ予定だったため、ビビリつつも早くドライブすること自体に慣れたくて、事故をやってしまって間もない7/28(日)に50Km、8/2(金)に43Kmのドライブをしました。

 

そこで分かったのが、カーナビのデータがやや古く実際の道路や施設と違いがあるということ。そもそも目的地に選んだショッピングセンターがカーナビデータに存在していなくて、住所指定で向かい、周辺に新しい道路ができていたりして入り口付近で少し彷徨うということがありました。

 

カーナビなんて無かった時代のドライバーやカーナビなんて無くても平気だぜ!っていう人たちは尊敬してしまいます。今のところ私はカーナビなしでは無理です。そもそも、初日の事故の要因が道に迷ってテンパったことでもあるわけで、カーナビのデータが最新の状態になっていることは、自分自身の身を守るためにも大事なことだと思いました。

 

車載されていたカーナビは、中古車の前のオーナーが取り付けたもので、Pioneer carrozzeriaから2006年に発売されたサイバーナビAVIC-VH009MDという機種で、データは当時のままのようでした。つまり7 年程前のデータだということになります。Pioneerのサイト内を探したところ既に生産終了しているものの、7/25から最新のデータの販売が開始していることを発見しました!1週間前じゃん、タイミング良過ぎ!

 

カーナビからカセット状になっているブレインユニットというハードディスクドライブを取り外しインターネット回線に接続してダウンロードするか、そのブレインユニットをパイオニアに送って更新してもらうかどちらかの方法で更新ができるとのこと。

ダウンロード販売が16,800円、送る場合が21,000円で、どちらもけっこう高くつきますが、それで安全が買えるなら、安いもんだと自分を納得させました。送ってデータ更新してもらう場合、戻ってくるまで1週間以上カーナビが使えないですし、ダウンロードの方が安いのでダウンロード版を買う事にしました。

 

しかし、これが苦戦!!

ブレインユニットをリビングキットという室内で使う用のケースに入れると、色々な端子をつなげるようになっており、インターネットに接続する場合は、USB-LANアダプターとして“プラネックス社製UE-200TX、UE-200TX2、GU1000Tのいずれかが必要”とあり、それ以外のUSB-LANアダプターだと認識されないらしいのです。

家に元々あった色んなケーブルでTVで画面表示とリモコンでメニュー操作はできたのですが、インターネットの接続はできませんでした。

 

指定のLANアダプターは、いずれの機種も生産終了しており、Amazonをはじめ見つけたページは軒並み在庫なし、売り切れ状態。オークションサイトでの売買履歴をちらほら見つけるも、現在売りに出されているものはなく、入手できる見込みはたちません。

8/3(土)。同じプラネックス社製のものなら接続できるんじゃないかという甘い期待を抱いて、ヨドバシカメラの店舗で見つけたUE-100TX-G3というのを買ってきました。

が、接続認識せず・・・駄目だったか。無駄な買い物をしてしまった・・・

 

8/4(日)。カーナビのOS内にインストールされているUSB-LAN接続アダプターのドライバーソフトが、上記3機種のものだけだということなんだと思い、さらにネットで調べた結果、coregaのFEther USB-TXSというUSB-LANアダプターが、パイオニア指定の機種と同じチップを搭載しており動作するらしいとのこと。確かに製品の見た目も非常に似ています。

これも、既に生産終了していたのですが、幸いなことにオークションサイトで出品されており、即効落札しました! そして8/9(金)に届きました。

はやる気持ちを抑えつつ、箱から出して接続。頼む!つながってくれ!

つながりました!おぉぉー!!やった!

 

オンライン接続のメニューからユーザー登録とデータのダウンロード予約・購入を行い、ダウンロードを開始しました!これがめちゃめちゃ時間がかかりました。昼に始めて夜中まで続きました。

で、ダウンロード後に更新を完了するために再起動がかかるのですが、再起動されるとネット接続が認識できない旨のメッセージが出やがりました!

ネットに繋がらないとバージョンアップが完了できません。ただの箱です。

うぉー、くそー、まじかー!ここまで来て!使えなくなっちまったー・・・

おそらくカーナビのOSのバージョンアップによって、USB-LANアダプターのドライバーも微妙に変わってしまったのでしょう。やはり指定外のものを使っているためかもしれません。

 

と、ここで最後の試みの場が残されている事に気づきました。

リビングキットには前面と背面に異なる形式のLAN接続用の穴が開いており、背面は通信速度の遅い旧形式の機種向けの穴ということで、データのダウンロードには前面の方を使っていました。 

もう、これ以外に打つ手は無い、と思って背面に接続するための変換ケーブルを使ってUSB-LANアダプターを刺しなおしてみました。

すると、ネットに接続されました!やった!やった!

 

難解なパズルを解いたかのような達成感です。

こうして、やっとのことでカーナビのデータ更新は完了し、ブレインユニットは無事に車へと戻ったのでした。

 

地図の見た目も気持ち、スッキリして、元は載っていなかったショッピングセンターも載っていて、満足満足。

 

ていうか、これ4ヶ月前の話なんですけどね。時間経つの早過ぎ。

この記事が、同じ悩みでハマっている人の助けになれば幸いです。